基本情報


桃鉄16の基本情報

桃太郎電鉄16 北海道大移動の巻!とは、ハドソンが発売した鉄道型ボードゲームである。桃太郎電鉄シリーズの第16作目である。なおPS2で発売された桃太郎電鉄シリーズとしては、本作が最後のソフトである。Wii、XBox360では本作が最初のソフトとなる。

 ジャンル ボードゲーム
 対応機種 プレイステーション2
 Wii
 Xbox 360
 開発元 ハドソン
 発売元 ハドソン
 人数 1〜4人
 発売日 PS2:2006年12月7日
 Wii:2007年7月19日
 Xbox 360:2007年12月6日
 価格 PS2:7,140円(税込み)
 Wii:6,090円(税込み)
 Xbox 360:6,090円(税込み)
 対象年齢 CERO:A(全年齢対象)


桃鉄16の概要

本ゲームの最大の特徴は、条件を満たすとゲーム中に北海道を大寒波が襲い、領土が全面凍結するイベントが起きる。その後、凍り付いた北海道を四国沖に移動させ氷を溶かす計画が始動し、北海道が四国の南へ大移動する(この間、室戸岬(高知県)と宗谷岬の間にフェリー航路ができる)。そしてさらに数年月が経過すると、寒波が去って跡地に浮かんでいた氷が溶け、北海道が元の場所に戻る。これがサブタイトルとなっている「北海道大移動」である。決して過去の作品のように「北海道編」なるものがあるわけではない。

Wii版ではニンテンドーWi-Fiコネクションを利用し10年プレイの総資産をサーバに登録し全国順位を競う「10年トライアル」モードが追加されている。しかし、Wi-Fiを利用したオンライン対戦はできない。また、グラフィックを新規に書き起こしてPS2版より解像度を向上させている。Wiiリモコンは縦持ちでプレイする。

さらに、イベント追加等のアレンジが加わったXbox 360版『桃太郎電鉄16GOLD』も発売された(Wii版と同様、こちらはXbox Liveを利用した「10年トライアル」モードはあるが、やはり同様にオンライン対戦は実装していない)。これによって、『スーパー桃太郎電鉄II』以来約14年ぶりに、桃太郎電鉄の1作品が3機種で発売された。

オープニング映像として、青森県五所川原市で行われる「五所川原立佞武多」にて「桃太郎電鉄 立佞武多」が登場する様子が収録された。その関係で、青森県内に五所川原など3つの物件駅が追加されている。

廉価版は2009年2月5日にプレイステーション2版(PlayStation 2 the Best)が、2010年4月22日にWii版(みんなのおすすめセレクション)が発売された。


桃太郎電鉄16 北海道大移動の巻! - Wikipedia より引用&改変)



Comments